デイトレード

FXを始めて間もないならまだ十分に相場を見極める判断がつかないでしょうし、まずは一つのポジションをその日のうちに手仕舞いするデイトレードといわれる、多くの投資家が行っている取引方法からスタートして慣れていくのが一般的でとても王道です。

一日内で取引を終えるといってもスキャルピングほどの超短期での取引だと相場をしっかりと見て判断するのは難易度が上がりますし、かといって何も考えずに長い時間ホールドするのも戦略を立てるのに不十分ですから、普通はチャートを見ながら数時間程度の保有時間で決済まで終えることがFXで相場を観察するのにも適正な間隔でしょう。

リンクご案内


投資対象として金が注目をされる理由

 投資にはいろいろな種類がありますが、最近特に注目を集めているのがオルタナティブ投資です。オルタナティブ投資は、昔からある株式や債券等を投資対象とした投資ではなく、ヘッジファンドや商品、不動産を投資対象とした比較的新しい種類の投資です。オルタナティブ投資といっても、投資の対象とするものにはいろいろな種類がありますが、その中でも金(純金)が高い人気を集めているようです。

投資対象として金を選ぶ方が増えてきたのは、昨今の経済情勢が大きく影響をしているようです。債務不履行等の経済問題が見られるようになったことから、リスクを避けるために成功性の高い投資を選ぶ方が増え、投資対象として金が選ばれるようになったのです。

・投資対象として金(純金)を選ぶメリットとは?

日本では昔から、金は非常に価値のあるものとして扱われてきました。その証拠にマネーを意味する「金」とゴールドを意味する「金」には同じ漢字を使っています。もちろん、日本だけでなく世界各国でも、金(純金)は非常に価値が高いものとして扱われていました。

・希少価値の高い金(純金)

地球上に存在する金(純金)には限りがあります。したがって、金は非常に希少価値の高いものなのです。世界中の金を集めたとしても、25メートルプール3杯分にしかならないと言われています。

株式や通貨といったものは、インフレーションやデフレーションといった経済状況によって大きく値動きをしますが、金は希少性があるものであることから、経済の影響を非常に受けにくいと言われています。経済状況によって価値が下がるということはほとんどありません。したがって、万が一経済危機が起こったときのリスク回避として、金(純金)は投資家たちから非常に人気がある投資商品なのです。

・投資対象として金(純金)を選ぶ際の注意点

投資としての確実性が高い金(純金)ですが、投資対象として金を選ぶ場合、気を付けなければいけないことがあります。それは、投資の際の利子です。株式や債券を投資対象として選んだ場合、利子が発生をしますので、利子による利益を得ることが出来ます。これを「インカムゲイン」と投資用語では言います。金の場合は、インカムゲインによる利益を見込むことが出来ません。金の場合は、価格の下降と上昇による差額が利益になります。購入時と売却時の差額が利益になることを「キャピタル・ゲイン」と言います。金の価格は、短期間で大きく変動をするもではありませんので、長期にわたる投資になるということも知っておかなければいけません。また、現在は希少価値が高いものでありますが、大量に発掘されるようなことが起これば、大きく値崩れをする可能性があるというのも、自然の鉱物がゆえの注意点となります。