デイトレード

FXを始めて間もないならまだ十分に相場を見極める判断がつかないでしょうし、まずは一つのポジションをその日のうちに手仕舞いするデイトレードといわれる、多くの投資家が行っている取引方法からスタートして慣れていくのが一般的でとても王道です。

一日内で取引を終えるといってもスキャルピングほどの超短期での取引だと相場をしっかりと見て判断するのは難易度が上がりますし、かといって何も考えずに長い時間ホールドするのも戦略を立てるのに不十分ですから、普通はチャートを見ながら数時間程度の保有時間で決済まで終えることがFXで相場を観察するのにも適正な間隔でしょう。

リンクご案内


シストレのプラットフォームにはどんなものがある?

sfd77 ・ミラートレーダー

このプラットフォームを採用するFX業者はかなり増えています。そのストラテジーは、提供するトレーデンシー社によってほとんどあらかじめ揃えられているので、後は選ぶだけでいいというシステムが、初心者にとっても利用しやすいというのがその大きな理由でしょう。fxの開設の際は、必ずその業者のプラットフォームを予めチェックするようにしましょう。

またこのストラテジー自体が、世界中のプロから募集したものを非常に厳しい選定を行い採用したものばかりなので、とても優秀なものとなっています。

現在のFXでは、もっともメジャーなプラットフォームといえるのではないでしょうか。実際に取り扱っている業者には、セントラル短資FXの「セントラルミラートレーダー」や、インヴァスト証券の「シストレ24」といったものがあります。

参考文献: 「高低オーストラリア.com」

・MetaTrader 4

かつてはシストレの代名詞ともいえるような存在だったのがMetaTrader 4です。もちろん現在でもメジャーなプラットフォームとして利用されてはいますが、開発型のシストレであるため、売買プログラムはあらかじめ用意されてはいません。したがって売買プログラムは自分で作成するか、あるいは購入しておく必要があります。

よりカスタマイズされた取引を望む上級者向けのプラットフォームといえるでしょう。

実際に長い間取引を続けていると、より細かい部分で独自の取引法やルールなどを編み出したりするものです。そのため、MetaTrader 4のような開発型のシストレは、使いこなしさえすればよりきめ細かなハイローを予想する売買プログラムで取引ができるようになって、とても便利なものでしょう。

しかし、現実に売買プログラムを作成しようとすると、かなりの労力が必要となってしまいます。ヘタに手を出せばかえって損をしてしまうということにもなりかねません。初心者のうちは無難に、あらかじめ売買プログラムが揃えられた選択型のものを利用するのがよいでしょう。

・その他のプラットフォーム

このようなメジャーなプラットフォーム以外にも、それぞれで独自のものを用意している業者が少ないながらもあります。中でも有名なものといえば、ひまわり証券のエコトレFXになるでしょう。選択型のシストレとしては、かなり以前から提供されているもので、 いわば草分け的な存在ともいえるものです。取引手数料無料の海外FXですが、当然プラットフォームで利用出来るツール全ても無償で提供しています。